匙を投げたいけど

匙を投げたいけど

面倒くさがりで面倒なオタクが、脳トレがてら考えたことを書いています。

カラオケで履歴を気にしない心を持ちたい

カラオケがわりと好きだ。とくに一人カラオケ略してヒトカラが好きだ。出産前は半年に1回くらいの頻度で、フリータイムヒトカラに行っていた程度には好きである。



産後は自分の好きなことができず、悶絶するお母さんも多いと聞く。自分もそうである。



だがカラオケは不思議と優先順位が低く、出産後も歌いに行きたい気持ちはない。理由はおそらく、育児中は合法的に歌えるからだ。ジャンルが限られる(童謡など)にせよ、歌えることでカラオケ熱の大部分が昇華できていると思われる。ちなみに、歌わずに子連れランチでのカラオケ利用は何度かしている。いつも本当に助かっています。



私には、ヒトカラでやめたい悪癖がある。履歴を意識してしまうことだ。



履歴を確認することではなく、自分の残す履歴を気にしてしまうことをやめたい。ヒトカラで、次の客が履歴を見てどう思うかを意識して選曲してしまうのだ。ヒトカラなんだから、自分が好きなように選曲すれば良いのに、つい人目を意識してしまう。しかも見られるかどうかもわからない人目だ。



履歴を確認するのは、歌う曲を選びかねたときにヒントをもらうためとか、前の人がどういう思考をたどってそういう選曲になったかを推測して楽しむためだったりする。友人と行くときはその場の流れで曲を思いついたりするが、ヒトカラのときは次にどの方向へ行こうかと少し迷うことがあって、履歴を参考にすることが多い。歌いたい曲を事前にメモして行けば良い、という指摘はさておく。



いざ選曲する段になると、「もし次に自分と同じような趣味の人が来たら、履歴を見てニヤニヤしてもらおう」などと余計なことを考えてしまう。たとえば、自分の行ったコンサート(映像化されてない)のセットリスト作ってみたり。



普段から私は、自分がやりたいことよりも、それが周囲に許してもらえるかとか、あわよくば喜んでもらえるか、などと考えがちだ。これもその例のひとつだが、独りよがりすぎて失敗している感が強い。



冷静に考えて、



 自分と音楽の趣味がぴったり一致する人が

  ↓

 自分のあとに来店して

  ↓

 自分の使っていた部屋に案内されて

  ↓

 履歴を確認してくれる

  ↓

 さらにそれを見てニヤニヤしてくれる(=好意的に受け取ってくれる)



という可能性は低すぎる。5連続でブラックモンブランの「当たり! もう一本!」を引くほうがまだありうるかもしれない。ちなみに3回までなら引いたことがある。ブラックモンブランは九州のコンビニならたいていどこでも売っているアイスだ。とてもおいしい。首都圏ではサミットとお菓子のまちおかで入手可能との噂を聞く。



おいしい(二重の意味で)プチ情報はさておき。



カラオケでの私の癖は本当に無駄この上ない悪癖で、やめたいと思うので、これを読んだ方も思うさま引いていただいてかまわない。私も改めて字にしてみて、本っ当に無駄なことをしていたなあと痛感している。やめたい。やめよう。



さて合法的に歌っているお母さんこと私だが、最近は子どもから「うたわないで!」と注意されるようになった。歌唱力にあえて目をつぶると、何が原因かはわからない。



またカラオケに行きたくなる日は近いかもしれない。

プチプラ日焼け止め、単価が安い順ランキング

美容情報に非常に疎い私だが、たまには情報を集めざるを得ない。



このたびボディ用日焼け止めを買おうと思い、プチプラで評判が悪くなさそうな日焼け止めの情報をインターネットで探した。しかし普段美容情報ととほとんど縁のない自分は、カタカナの商品名と専門用語の渦に溺れそうになった。



商品の合う合わないは使ってみないとわからない。正直なところ、同じ価格帯の商品だったら、性能は大差ないような気がするし、そもそも自分が細かい機微に気付くとも思えない。メーカーの皆さまごめんなさい。

オッケー、プチプラ! で、どれがいちばん安いの?

そんなわけで、私にとってはとりあえず「安いかどうか」がいちばん気になる。品質が粗悪でなく、最低限の性能を備えている前提ではあるが。

しかし行き着いたWebサイトでは、その商品の売価が表示されていないことがある上、各商品によって内容量も違うので、一見してグラム単価で比較できない。数字のセンスがある人にはグラム単価もだいたいわかるんだろうけど、自分は電卓などで計算しないと無理である。



そのため、自分のために調べて計算してみたのでメモしてみる。検索してみて上位に表示されたサイトを3、4ヶ所くらい見てみて、複数のサイトで挙げられていた商品10種類の値段をAmazonで調べてみた。

前述の通り、美容情報には疎いので、定番の商品がなかったり「なんでこれを載せた?」というような商品があったりするかもしれない。もしお気づきの点があれば教えていただきたい。

なお、商品の特徴などは、他でいくらでも書いてあると思うので書かない。あくまで値段のランキングである。

単価が安いプチプラ日焼け止めは?

  • 検索ワード → 「プチプラ」「日焼け止め」「ボディ」
  • 条件 → SPF50でPA++++のもの
  • 売価はAmazonで2019年8月上旬現在/税込価格
  • 10gまたは10mlあたりの単価を計算した。

【プチプラ日焼け止め(ボディ用)単価の安いランキング】

  1. サンカット トーンアップUV エッセンス 89.8円(80g/718円)
  2. ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル 91.8円(80g/734円)
  3. ニベアサン ゼロフィーリングUVローション 92.7円(100ml/927円)
  4. スキンアクア トーンアップUVエッセンス ラベンダーカラー 98.5円(80g/788円)
  5. ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 125.8円(85g/1,069円)※内容量が通常の1.7倍とのこと
  6. コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリーム 181.5円(40g/726円)※3種類すべて同額
  7. サンキラー パーフェクトストロングZ 185.3円(30ml/556円)
  8. ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス 195.7円(70g/1,370円)
  9. アリィー エクストラUVジェル 223.4円(90g/2,011円)
  10. アネッサ パーフェクトUV スキンミルク 446.3円(60g/2,678円)

売価が安いプチプラ日焼け止めは?

また、出先でちょっと必要だとか、給料日前でとにかく今この瞬間に財布から出ていくお金を少なくしたいとかいうとき用に、単純に売価が安い順に並べると以下の通り。

【プチプラ日焼け止め(ボディ用)売価の安いランキング】

  1. サンキラー パーフェクトストロングZ 556円(単価7位)
  2. サンカット トーンアップUV エッセンス 718円(単価1位)
  3. コパトーン パーフェクトUVカットジェルクリーム 726円(単価6位)
  4. ニベアサン 高密着ケア UVミルキィジェル 734円(単価2位)
  5. スキンアクア トーンアップUVエッセンス ラベンダーカラー 788円(単価4位)
  6. ニベアサン ゼロフィーリングUVローション 927円(単価3位)
  7. ビオレUV アクアリッチ ウォータリエッセンス 1,069円(単価5位)
  8. ビオレUV アスリズム スキンプロテクトエッセンス 1,370円(単価8位)
  9. アリィー エクストラUVジェル 2,011円(単価9位)
  10. アネッサ パーフェクトUV スキンミルク 2,678円(単価10位)

番外編:一石二鳥な日焼け止め

…とか書いてきて何だが、調べているときにいちばん気になったのが、虫除けと日焼け止めが一緒になった商品だった。

  • スキンピースファミリー UVジェル 118.8円(80g/950円)※SPF35/PA+++

時短になりそうな一石二鳥感がそそるし、虫除け要素は今かなり重要なので、もし本当にそういう効果があるなら嬉しい。

短気は本では治らない

短気なので本を読むことにした。



と書くと、自己啓発系の本で短気を治そうとしているようだが、そういうわけではない。これまでの人生、こらえ性がなさすぎて何度も痛い目を見ているのだが、それでも治らないので、本くらいではきっと無理だ。

かの手塚忍先輩がインタビューで自分の欠点を「結論を急ぎすぎる」と述べていたが、まさに私のことだしそもそもあの人はそれを欠点だなんて思っちゃいない(自明)が、それはさておき。



とくに苦手なのが、相手にボールがある状態で返事を待つ、というシチュエーションである。

たとえばバイトや就職の面接で「後日、結果を連絡します」と言われたとする。私は面接終了直後から脳みそフル回転で、その仕事ができない理由ばかりを探す。結果、その仕事をする自信がなくなり、自分から断ってしまう。しかも何度もやっている。懲りない。先方にとっては、面倒な人材を採らなくて済んで幸いだったと思う。



近いうちに悪いことが起こりそうな気配があると、それだけで頭がいっぱいになってしまい、何も手につかなくなるのである。いやなことばかりを考えて時間を過ごすのは損だとわかっていたものの、性格的なものだからどうにもならない、と思っていた。



けれど、もっと損を痛感する出来事が起きた。ストレスが原因で病を患い、比較的大掛かりな手術をすることになったのである。

物理的な痛みに弱い私は、就職活動で損をすることよりも、これが何より効いた。麻酔があるとはいえ、麻酔の注射自体が痛い。点滴も痛いし導尿も痛い。部分麻酔だったので、手術自体も痛みと恐怖がすさまじかった。もちろん術後の傷も痛いし、医療費や入院中の給与明細も痛かった。



手術は成功したものの、なにか手を打たねばまた病気になりかねない、と焦った。対症療法でも良いから、早急になんとかする必要があった。そして性格を直接なんとかするより、「いやなことばかりを考えて過ごす時間」=「心身にストレスがかかる時間」を減らそうと考えた。



そこで、いやなことを考えてしまいそうなときは、本を読むことにした。とくに昔から好きだった小説や漫画が良い。新しい作品を読んで脳を回転させるのも手だが、ダメージを受けた脳にさらに負担がかかるし、自分好みの作品ではなかったときに余計に落ち込む。

昔から好きだったものなら、だいたいのストーリーはわかっているし、読んでいて不快感がない。没頭できるものなら何でも良いので、ゲームでも良いのだが、ゲーム機本体が必要になるので、手軽さには少し欠ける。



というわけで先日、昔アホほど好きだった『幽遊白書』を電子書籍で買い直した。精神的ダメージに関係なく、久しぶりに読み始めたが、やはりおもしろい。

ところで冨樫先生の現在の作品も評判が高いのは知っている。が、短気な私はきっと休載が待てないと思うので、完結してから読むつもりで読まずに待っている。



まったく知らない状態なら待てる、と思っていたのだが…さて、いつまで待てば良いのやら。

自主的制服着用のススメ

産前に働いていた会社で、職場でのファッションがほぼ一定の女性がいた。淡い色のカーディガンに無地のブラウス、黒のタイトスカート。彼女は育児中のママさんだった。

彼女のカーディガンの色が毎日違ったので、ファッションが一定であることは一年近く気づかなかった。もちろん、私が自他ともに服に無頓着なのでなかなか気づかなかった、という可能性は高いのだが。



産後、私は育児でいっぱいいっぱいだった。自分の服に、まったくかまけていられなくなった。

冒頭の女性のことをふと思い出したとき、ファッションを一定にしていた理由がわかった気がした。非常に賢い選択だと感じた。服のことを考える手間隙が惜しすぎた。



人間が一日にできる決断の回数は限界があるらしい。だから成功者の中には、日々の服を定め、決断回数を節約している人もいると聞く。

また海外記事で、職場でのファッションを一種類に決め、かえってファッショニスタになったクリエイティブ職の女性の話も読んだ。

自分は成功者でもクリエイティブ職でもないし、ファッショニスタを目指しているわけでもないけれど、その記事を読んで元気が出た。そういう元気が出る情報は、すすんでうのみにしていきたい。



というわけで以前、「これ以上服を捨てたらたぶん仕事に行けない」などと書いたが、撤回することにした。

自分のサイズがある無難な服の店を見つけたこともあり、私も仕事着を定めた。

今は毎朝服に悩む時間がなくなった。仕方なく残していた仕事着も処分できたので、収納スペースにも余裕ができた。服にできるだけ労力を費やしたくない自分にとって、良いことずくめになった。



ただ、冒頭のママさんの自主的制服着用は、良いことばかりではなかったようだ。

仕事前に参観に行って、お嬢さんから「ママはどうして他の子のママみたいに可愛くしないの?」と叱られてしまったらしい。ままならないね。

専門家には最低限のコツを教えて欲しい、ただでとは言わないから

ツイッターのタイムラインを見ていると、専門家による技や知識に関する発言がときどき流れてくる。普段接することのない業種・職種の方の専門知識に触れられるのが、インターネットの利点のひとつであることは間違いない。



ただそういった正しい情報は勉強になるのだが、「それはそれとして、最低限どこを押さえれば良い?」という気持ちになる。

専門家にとって、そんな手抜きメソッドが蔓延するのが腹立たしかったりやりきれなかったりする気持ちはわかる。また、そんな都合の良い情報を無料で公開する義務も義理もない。そのため、それを教えて欲しいと強要するつもりはないのだが、あったらいいなとつねに考えている。



行きつけの美容院がある。

私はある美容師さんに担当してもらっていたのだが、その方が産休に入られるにあたり、他の美容師さんに担当を代わってもらった。そして前の美容師さんが産休から復帰されたあとも、私は担当を戻していない。申し訳ないとは思うのだが、それなりの理由がある。

ちなみにお二人とも十年越えのキャリアで、腕には問題がない。そしていずれも複数のお子さんのママである。ママ先輩なので、育児の話をしているといろいろと楽しい。



前の担当さんは髪のこと第一!という印象で、育児を理由に髪のケアを手抜きしてしまうと、やんわりと注意される。プロ意識にあふれている人なのだな、と感じていた。

やがて前の担当さんが産休に入り、今の担当さんになったところ、育児で髪のケアの時間を取れないことを話すと、「今は時間がないから仕方ないよねぇ」と言われるようになった。



前の美容師さんは、正しい手順は教えてくれても、最低限どこをおさえれば良い、といった情報はなかった。「とくにここは手を抜いちゃダメですよ、あ、でもそこもここも手を抜かないほうがいいですよ」と言った感じだった。



今の美容師さんは、「じゃあね、ここだけは気をつけてみて。我が家の小学生男子たちにもそう言ってるの」という情報を教えてくれる。小学生男子にもわかるコツは、美容意識が低すぎる私にもわかりやすくて非常に助かる。



髪のこと、今後の人生のことを考えれば、前者のほうが為になることはわかる。

だが自分の中で美容の優先順位はかなり低い。時短で簡単でケアの効果がある、という夢のような方法があれば良いのだが、残念ながらないだろう。そして私は美容にかける時間やお金があったら、好きな本やゲームにかけたい。と今は考えている。



どちらの美容師さんが良かったかはおそらく老後、もしくは死ぬときにわかると思う。もし今後「もっと髪のケアをしておけば良かった」と思ったとき、私は懺悔するだろう。

ただ、今でさえ自分の美容への関心度が低すぎるので、もっと老いて精神的にも体力的にも余裕がなくなったら、さらに美容へ関心を振り向けられない可能性が高い。



いろいろ並べてはみたものの、「ダメ出しされるより甘やかされたい」というだけの話になった感が否めない。

母親の下には死体が埋まっている。かもしれない

かつて週刊少年ジャンプで連載されていた『PSYREN』(サイレン)という作品に、雨宮さんというヒロインがいる。



雨宮さんはヤンデレ要素も多分にあるが、魅力的であることは間違いなかった。とくに、とてもつらいことがあって、それでも日常を回さなければならないとき、よく彼女の言葉を思い出す。



「心を半分地べたに捨てて 今やらなきゃいけないことに集中するの」



壮絶で秀逸である。



まあ個人的に、岩代先生は長髪黒髪変態美形キャラを描いたら日本で1、2を争うと思っているのだけれど、それはさておく。



さて、3年以上ぶりに友人とオタク上映会を開催した。自分が昔卒業したジャンルに最近友人が来たので、昼間っからビールをあおり、新旧とりまぜてDVD上映会をおこなったのである。

先輩風をビュービュー吹かせながら昔話をしたり(老害)、ジャンルの現況を聞いたり、大変有意義な一日となった。

べらぼうに楽しく、またその世界やわくわく感の片鱗を思い出した。出産して以来、長らく蓋をしてきた感情だった。



ただ残念ながら私は、その楽しかった思い出を、明日をがんばる糧にできる消化酵素がない。むしろオタク部分は欲張りで、もっと燃料が欲しいとぜいたくを言う。



これでは日常が回らない。時間も体力も、ただでさえ足りないのだ。

私はそれをもて余したあげく、殺してそっと埋めた。私が器用かつ前向きなタイプになるか、育児に余裕ができるまで、そういったことは続くだろう。



私の下には死体が埋まっている。

日常に栞を

詩的な雰囲気でタイトルをつけてみたが、中身はいたって散文的である。



育児ストレスの原因は大小さまざまある。その中で私が地味にじわじわHPやMPを削られているのが、「ほとんどのことが中途半端になる」だ。



自分の記憶では、学生の間は「きっちり最後までやり遂げられること」が評価されることがほとんどだった。

けれど育児が始まってみたら「きっちり最後までやり遂げられること」なんてほとんどない。やりたくてもできない。

そもそも人の評価を気にしない人や、価値観の書き換えができる人は例外だ。が、そうではない人は、自己評価があっという間に下がるのではないだろうか。



育児休暇中は育児と家事に専念できるのだから、やっていけそうだと思う。とくに赤ちゃんだったら一日の大半は寝ているのだから、家事くらいできると思ってしまう。自分も周囲もそう思い込みがちだ。

さらに「せっかく休みなんだから」と、仕事をしている間には手をつけられないと思っていた、時間と手間がかかる家事も予定に組み込んでしまうかもしれない。

育休を終えた今なら断言できる。それは罠だ。



実際に育児が始まってみると赤子は泣くし、思った以上に寝てくれない。右往左往しているうち、家事は容赦なく山積みになっている。しかも、これまで慣れていなかったこともたくさんある。

赤子は目まぐるしくアップデートするので、考えずに体が動くレベルまで家事を身体に落とし込むことも難しい。落とし込んだらすでに次のフェーズへ移行している。成長はありがたいけど、成長はありがたいんだけど!

さらに、自分だけなのか他の人もそうなのか不明なのだが、赤子の泣き声でやってることや考えていたことは雲散霧消するシステムが搭載されてしまった。そのため、赤子が泣き始めると何もかもが強制停止になる。



赤子期を脱したら脱したで、中断がなくなるわけではない。

賛否はさておき、我が家は家事をしたいとき、子どもにテレビを見せている。が、テレビを見ているからといって大人しくしてはくれない。

いまお気に入りなのは、Eテレで流れる歌だ。録画をしてあるので、終わると巻き戻しを要求する。長くて2分で、親は台所からテレビ部屋へ行って巻き戻しをする。我が家は狭小住宅の範疇だが、それでも2分ごとに部屋の往復をするとけっこうな時間と手間がかかる。



なにかを最初からやるよりも、中断されて途中からまた再開するほうが、時間や手間がかかると感じる。

かの名作『動物のお医者さん』でも、羊の毛刈りで他人が手をつけて逃げられた個体(毛刈りが途中)を刈るのはいやだと言っている学生がいた。気持ちがわかる。非常にわかる。あと毛刈りは素人が一人でやるのは至難の業だと思う。



育児中は、家事その他が今まで通り片付かないのは当然なのだ。育児“休暇”だからといって、普段通りもしくはそれ以上にちゃんと家事などができている人は中断に強いか、もともと能力がスーパー高いかだと思う。育児中に家事その他が片付かないことを「言い訳だ」と断じる方は、優秀なのだろうが決してお近づきになりたくないタイプだ。



ささやかな対策として、休日はTo Do Listを殴り書きして消している。が、それでも半端になったものをメモするのは難しい。中断は突然起こるからだ。

平日はなおさら無理だ。メモをする時間自体がない。



「『あと少し』というところで中断しておくと、再開するときに勢いがついて早く終えられる」とかいうライフハックだかビジネスハックの記事を読んだことがあるが、そういう問題じゃない。育児では中断する段階を選べないのが問題なのだ。まあビジネスハックと育児は別物なので、そこで憤るのもお門違いなのであるが。



というわけで、日常にも栞機能が欲しいなあと思う今日このごろ。その前後を読み返す時間は必要だけど、それでも栞があるとないとでは、作業時間のかかり方が違うんじゃないかなと思う。